2009年08月28日

 外為 ドル安対応の目安

円高93円台の危険水域にあるので、ドル円の変動要素について、昨日から本日午前12時までのロイター記事(日本消費指数、雇用指数、米株価、などの影響)からのポイントを整理した。 主要項目は下記4項目。
 
1、2、は事象が全く異なるのに現象はドル売り要素となっています。この辺りは難関ですが、短期スパンでの出来事と思われますが、当面はドル売り基調のようです。
 
注意:やはり、93円を割れると、損切りボーダーライン(パニックライン)とみておく必要がありそうです。 
 
1、 米株価回復、世界経済先行き不安後退・・・・・・・・・・・ドル売り、(輸出国通貨が買われるため)
2、 中国欧州株価下落、世界経済先行き懸念台頭・・・・・ドル売り、(安全通貨の円買い)
3、 日本消費、雇用指数、デフレ観測     ・・・・・・・・・・円 売り、
4、 93円割ると損切りでドル売りパニックの危険。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<ロイター外為マーケットアイから収集>
1、27日のニューヨーク外為市場では、ドルが円 とユーロに対して下落した。
米株価の回復で世界経済の先行き不安が後退したことを背景にドルが売られ、商品輸出国の通貨が買われた。
 
2、中国と欧州で株価が下落したことで世界経済の先行き懸念が台頭、安全 通貨としての円が買われ、
ユーロなどのリスクが高いとみなされる通貨が売られた。
 
3、ドル93円後半に反発、消費指標を受け円安気味に 。
市場では、早朝に発表された本邦消費及び雇用関連指標を受けて、デフレ観測が浮上し、円安に振れているとの声がある。

また一方で、月末及び実質的な五・十日にあたるこの日は、ドルが不足気味で仲値にかけてはドルが買われやすい地合いとの声も聞かれる。
 
4、ドルのセンチメントが悪いので、93円以下ではストップ(損失確定のドル売りオーダー)が並ぶとされ、下値警戒感は依然として強い(邦銀)
 
 


naturococo at 12:22|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2009年08月25日

VICHON そして 夏の終わり

昔、13時間かけてシスコの北ナパバレーまでワインを買い求めたことがあった。
あの懐かしいヴィーションが届けられた。

ピンポンと玄関ベル、ドアを開けると一時帰国のLOSの後輩君だった。いやぁ、懐かしいと思いきや、ワインを2本下げてきてくれた。

米人社員の幹部の皆さんから伝説の人によろしくとのこと。
今の私のあだなはLegendだとか、あの時代はもう風化してしまったが、思い出してくれるのはありがたい。

左:ピノ、右:キャバネツト・サービニオンですが私の好みはキャバネです。

ところが、よく見るとラベルはフランス製と書いてある。ボトルはブルゴーニュースタイルの太めだ。
フランスからアメリカへ輸出か、しかしラベルはカリホルニアヴィーションと同じだ。

あの会社の商標、商権、フランスに買収されたのかな。 よく分かりません。

w18655















我が家に寄宿していた孫達の夏休みは終わり、宿題やドリルの面倒みて一息ついたところ。 
兵庫県は以前インフルで学級閉鎖があって夏休みが短縮された。孫達ぶつぶつ文句言ってました。

さすがに夏はマスクは似合わない。
一時、兵庫県は至るところマスクだらけだっが、涼しくなればまた復活するかも。

みなさん、夏負け、インフルにお気をつけて。まもなく秋〜ですよ。


きょうは とっても爽やかなので菜園へ行ってきました。 画像は菜園夏の最後。

IMG_4234IMG_4238

IMG_4253IMG_4237



naturococo at 22:29|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2009年08月20日

ある検事の話

今から8年前、LOS勤務から帰国した夏の頃です。


寿司屋のカウンターで友人2人と飲んでいた。奥座敷に人の出入りが多いので、お店の主人に今日は何かあるのですかと聞いた。

「新任の検事総長が里帰りするので歓迎準備のために、法曹関係者が集まっています」という。

 そこで一瞬閃いた。

「もしかしてその人はHさんですか」と私は問う。お店の主人「そうです隣のA市出身のHさんです」、やっぱり彼はやったんだと思った。


私は中学、高校時代人口3万のA市に住んでいた。
彼も私と同じA市の小さなキリスト教会の聖歌隊に所属していた。男子はわずか4人。高1から高3まで男子メンバーは変わらず4人だけだった。

その4人で女性部門に負けないで、毎日曜日に混声2部や混声4部合唱をやっていた。

私は、教会音楽が好きで中3の時に音楽教師から薦められて入ったが、彼ら3人はクリスチャンだった。

みんな越境入学組で高校はそれぞれ違っていたが、4人の共通点は音楽や西洋文学を論じることで随分楽しかった。お陰でかなりの文学書を読むことが出来た。  

ところで、高3夏休みの聖歌隊夏季合宿の最後の日だった。みんながそれぞれ自分の将来のことを話し始めた。 

 

その時、Hは自分は正義のために検事になる、もう一人は不思議な心臓に興味があるので、心臓外科医になる、他の一人はエンジニアになると宣言した。 

私は既に就職が決まっていたので、ただそれを聞いているだけで、自分が淋しくなったとともに、彼らが眩しく見えた。そのときのことはいつまでも私の心に残った。


当時、彼ら3人が揃って東大に入るとは思っていなかった。

Hは東大法学部へ、他の二人は1浪してそれぞれ東大の医学部や工学部に入った。

その刺激があったので私は2年後に会社をやめて適当な大学に入ったが、それ以来彼らとは音信不通で43年間を過ごした。

 

私は彼に連絡の取りようがなかったので、祝福メールを検事総長に届けて欲しいと検察協会へ送信した。2日後、会社に検事総長から電話がかかってきた。

Sは心臓外科医になって多摩川の病院にいたが最近そこをやめて、ハンセン氏病の施設に移ったことや、エンジニアのMは紡績会社の社長で東京にいるなどと彼らの近況を教えてくれた。

3人は定期的に東京で会っているとのこと。


4人でまた合唱したいので、東京に出てこいと懇切な電話と、またメールで住所、電話番号を送ってきた。

 

寿司屋で検事総長の話を聞くまで、私は、彼らのことを全く忘れていた。
あの高校3年生のときの誓いを3人ともが達成していたとは、さすがに、驚きだった。


同じ、クリスチャンのS心臓外科医もすばらしい人で、彼はハンセン氏病療養所で患者と終生をともに送るでしょう。

わずか高校3年生で、自分の進路を決め、その通り実行にする、また実行出来る能力って、物凄すぎます。私などは、紆余曲折で、いつも行き当たりばったりだった。

ライブドア事件の時は次の新任の検事総長だったが、もしも彼が担当検事総長であったら、事件はどう扱われてだろうかとよく思い起こしたことがありました。
 



naturococo at 01:04|PermalinkComments(2)

2009年08月13日

日本海 さすがに浜坂海岸

姫路地方毎日大雨の中を孫連れて日本海へ脱出。
素晴らしい晴天でした。
海水浴場は人もまばらで、あの夏の賑わいもなく淋しい海辺でした。

発つときに、ネットで調べると国道2ヶ所が片側通行で、行ってみればその通り。
それでも、3時間弱で日本海に到達した。

共稼ぎの孫の母親から、彼女仕事中なのに何度も自分の携帯に電話してくる。

「水で立ち往生しているかどうか、心配」だと。 低気圧は太平洋側だ、姫路のほ
うがやばいから、お前さんこそ、早く、ここに来いと言ってやった。(笑)

日本海側に低気圧がないので山と同じで安全。

温泉町の外湯、(映画吉永小百合 夢千代日記)につかり海鮮料理たっぷり食べ
て帰ってきました。

1泊一人、一杯食べて7500円(平日料金) 安くて旨い、いい旅でした。
ここです。↓
http://www.syofuso.com/

IMG_4207IMG_4219

IMG_4212_1
IMG_4209

IMG_4208
IMG_4192

コピー (1) 〜 IMG_4222



naturococo at 00:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年08月09日

好色五人女 お夏

西鶴の好色五人女の内で、一番初めの「お夏」をご紹介します。姫路で起こったお夏と清十郎の事件です。

二人の比翼塚とお寺と町内の写真を掲載しました。8月9日がお夏清十郎のお祭りですが、雨天で順延されましたが、今日は、ほんとうにひどい雨です。

好色五人女: 
   井原西鶴の浮世絵草子 発刊は1686年(貞享3年) 一大旋風をまきおこした。
   八百屋お七、お夏清十郎は、近松物の芝居になり、さらに火を付けたようです。     
 
好色:
   現在・・・・  異性に対して、淫らな思いを描くこと。 (とってもいやな感じです) 

           ところが時代によって解釈が変わります。

   平安時代・・・色とは見えるもので、美しく好ましい色。(とってもいい感じです)

   江戸時代・・・好=恋 色=愛 (まさしく恋愛です)
 

当時の悲恋事件を取り上げ西鶴が書いた実録ものです。

お夏、おせん、おさん、八百屋お七、おまん」五人、それぞれ女の命をかけた恋を書きました。それがロングランのヒットセラー。

親の目を盗んでの恋愛は不義密通の名で呼ばれ、犯した者は勘当されたり、自分の娘であった場合は、親はお上に訴えて打首、あるいは島流しにすべしという法令までできていた。
実際には実の子を訴えたりはしなかった。

しかし人妻の恋愛となれば、現場で討ち果たすべしという法令があり、逃げても捕まれば磔刑獄門で、武家社会では実際に妻や相手の男を切り殺すことがありました。

西鶴が描いた五人の女は、当時の道徳や制度と対決し、愛に生き愛に死んだ壮絶な女性達です。

江戸時代のルールを適用すれば、現在の人の半数は打ち首獄門ですが、いかがですか。自分にはそのような勇気はありませんが


それよりも、もう死んでもいいと思うような人、この世にいるのか、いないか、探すのが大変です。


お夏 (姫路)
姫路城の大手門前にあたる本町の米問屋但馬屋九左衛門の娘。清十郎は姫路の西方、室津港造り酒屋和泉清左衛門の息子。

清十郎は十九才の時、但馬屋に勤める身になる。 いつしかお夏と清十郎は深い相想の中となったが、九左衛門はこれを許さなかった。大坂へ駆け落ちする途中二人は捕まり引き裂かれます。

さらに清十郎は、思いもよらぬ金銭窃盗の濡れ衣にあって25才の時刑場の露と消えた。

お夏は、黒染の衣を身につつんで続経三味に暮らし、ひたすら清十郎の冥福を祈った。 西鶴ブームに乗り二人の純愛に感動した人たちが「比翼塚」を慶雲寺に作り霊を慰めたようです。
打ち首になった人は地獄行き確定ですから、お墓は作られません。

ついでに 
八百屋お七 (江戸)
下野千葉郡萱田(現・千葉県八千代市)で生まれ、後に江戸の八百屋太郎兵衛の養女となった。
(甲子園千葉県代表 初出場の八千代東ですが、初戦の西条に惜敗)

お七は江戸の天明の大火のとき偶然に出会った男にもう一度会いたくなり、恋慕の余り、火事が起これば男に会えるを願い、放火未遂を起して、捕らえられ、火あぶりの刑で処刑。



naturococo at 11:09|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年08月06日

海王丸 登檣礼 総帆展帆(追記)

naturococo at 02:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年08月05日

ハドソン川の日本丸

アメリカ建国200年を祝して世界中からNYに帆船が集まった。 今から33年前、帆船日本丸がハドソン川を遡る風景写真を見つけました。

三井物産のあのご夫婦は、この橋の上から日章旗をかざしたのでしょうか。

その話は以下です。
元三井物産の社長がまだNYの駐在員の頃でした。NYのハドソン川を日本丸が通過するとき、ハドソン川の橋の上から、奥さんと二人で大きな日章旗を吊り下げて、日本丸の若者達に手を振りながら、日本の若者達がんばれっ!て叫んだ。

それを見つけた練習生達。みんな一斉に甲板に整列し、夫婦にありがとう、とエールを叫んだ。 夫婦の目に涙が止まらなかったそうです。それを日経の私の履歴書にかかれていたのを記憶している。

これは前回書いたブログ、海の女神海王丸からの一部引用です。私もロス勤務中だったので、その記事を読んで気持ちが分かるので、大感動で、今でもよく覚えている。
「日本丸に乗船していた人」の一部引用です。

ニューヨークまでは、途中、ロングビーチに寄港、パナマ運河を経由してオプスルの最終集結地ニューヨークの北東ニューポートに到着したのが6月29日、東京から約一万海里、76日目であった。

また帆船の他にも22ヵ国から52隻の軍艦も集まり(日本からは自衛艦「鹿取」が参加)、両岸に整然と停泊し各艦とも登舷礼で帆船を迎えた。

午前11時、まずホスト国アメリカの「イーグル」を先頭、2番目はデンマークの「デンマーク」と続き、日本丸は八番目であった。

日本丸はフォード大統領(当時)が観閲のため乗艦していた米空母フォレスタルの前で、登橋礼を行った。その登檣礼が感動ものです。

言葉の検索:
登檣礼:とうしょうれい、Man the yardsとは帆船の出航時に船員が帆桁(ヤード)などに配置し、見送りに来た来客に対する謝礼を意味する儀式です。

登檣礼
http://www.youtube.com/watch?v=D2WNsQCHf3o&feature=related

総帆展帆
http://www.youtube.com/watch?v=AeZVDgvr2lE&feature=related

n7_55n7_9

n7_4
                                                               

ハドソン川を上るアメリカ帆船

アメリカ帆船は日本丸と違って三分の一帆が開いています。当日風速2マイルの風があり狭い川では危険だと日本丸は帆を開くのを自重して、エンジンだけで操行した。

ところが、アメリカは大胆にも帆を開き威風を示した。 慎重な日本、大胆なアメリカと当時新聞で書かれたそうです。




naturococo at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2009年08月01日

海の女神 海王丸 

IMG_4090IMG_4108

海の女神 海王丸
                     

海に挑戦する若者達が操船する「海の女神海王丸」が姫路港にやってきた。

海王丸 独立行政法人 航海訓練所 商船高等専門学校の実習生80名うち16名が女子。 きょう姫路港開設記念で、帆を満杯に張るセーリングセレモニーがあるとのことで見学にでかけた。

約25分、3チームぐらいに分かれて、教官のホィスルを合図に数十人がエイ、オー、エイ、オーの掛け声でロープを引きます。 帆が次々に上がって広がり見事でした。

海に憧れ、海のロマンに挑戦する若者達の清々しい姿を目の当りにすると、何とも言えない感動を得ました。 
いい若者達がいっぱいいます。

元三井物産の社長がまだNYの駐在員だったころ、NYのハドソン川を海王丸と姉妹船の日本丸が通過するときハドソン川の橋の上から、奥さんと二人で大きな日章旗を吊り下げ、手を振りながら日本の若者達がんばれっ!!て叫んだ。

それを見つけた練習生達が甲板に整列し、夫婦にありがとう、とエールを交換した。 夫婦の目に涙が浮かんだそうです。

十年程前に、日経新聞のコラムに「アメリカの思い出」として書かれていた。 異国で見る日の丸帆船は格別だったに違いありません。

IMG_4154

船の先端を飾る 「海の女神」 はとっても美人でした。


IMG_4073

 
IMG_4109

IMG_4115


IMG_4113   

IMG_4120
  最後に全員甲板に並んで、一斉に観客に敬礼 した。観客は盛大な拍手をした。  

                   
 IMG_4140
 曇天が午後から見事な晴天。                                                                  

                                                   




naturococo at 22:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年07月30日

まもなく梅雨明け

猪にあらされた地面を自分が修復したあと

猪の好物のミミズ探しで、花壇や庭をあちらこちら掘り返された。
2年に一度ぐらいやられますが、今年は4ヶ所このような状態で修復作業
で汗だく。 
これだけ掘り起こしてどれくらいのミミズが食べられるのか?
猪には大変な作業。 彼らは損益計算やっているのかな。

芙蓉がやっと全開
IMG_4053IMG_4049






いつも夏に木の枝に咲く花    
IMG_4060 IMG_4065金魚草 
キウイは大きくなりました          トマトはIMG_4070はめちゃくちゃ出来すぎ、きゅうりは全滅。
IMG_4059









いちじくが楽しみ
IMG_4058




naturococo at 00:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年07月23日

大雪山系の遭難事故の本質

ツアー客の帰り飛行機便予約キャンセルの負担金の重さに対して、ツアーを続行したと思える、と今夜のNHK報道解説で知りました。

私は、はじめは単純に、まさかありえないが、ガイドの技量を疑った。

実際はカイドも雇われの身、ギリギリまで帰りの飛行機代キャンセルの負担に対して挑戦したようです。

ツアービジネスの構造的的な欠陥があったようです。

危機管理措置の計画(例外措置)をガイドに与えていない。またその予見措置が組まれていない旅行会社が一番の悪のようです。

契約条項に入れるべき条項:
天候等悪化で計画が遅れる場合、帰りの予約飛行機はキャンセルになります。その場合は、お客様の自己負担とさせて頂きます。 ・・・これが、ない。


しかし、それでも、ガイドに言いたい。

生死を極める際には、山で学んだ、ほんとうの山男の姿に戻ってほしかった。

それぐらいのことは分かっているはず、情けない。報道解説みて、そう叫んだ。

さ〜てです。脊椎間狭窄で歩くのが大変。 日赤病院でいい先生見つけたので明日治療に入ります。 

菜園農作業、旅行、山、もう少しやりたいですから。








naturococo at 01:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)